FC2ブログ
ふるさとスケッチ 篠原 信二展
2016/12/25(Sun)
sinohara-sinji-2017-1.jpgsinohara-sinji-2017-2.jpg
えんとつ山倶楽部とも縁の深い篠原信二氏の風景画の展示です。
生まれ育った角野を中心に、新居浜の風景を描いてきた篠原信二氏の風景画(水彩画)約80点を展示します。
 故郷新居浜を愛し、地域の人たちともに角野で生き抜いた篠原氏の色彩豊かで深みあふれる風景画を是非、ご覧ください。

日時:平成29年1月28日(土)~3月26日(日)9:30~17:00
休館日
1月30日(月)・2月6日(月)・2月13日(月)・27日(月)~3月3日(金)・3月6日(月)・3月21日(火)
場所:新居浜市美術館  展示室2(あかがねミュージアム2階)
観覧料:無料
主催:新居浜市美術館
この記事のURL | お知らせ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平成28年度 広瀬歴史記念館特別企画展
2016/11/10(Thu)
平成28年度 広瀬歴史記念館特別企画展
hirose-kikakuten-2016.jpg

「別子銅山 近代化の息吹 ―明治14年写真帳の世界―」
会期: 平成28年10月29日(土曜日)から12月4日(日曜日)まで
※期間中の休館日 10月31日(月曜日)、11月4日(金曜日)、7日(月曜日)、14日(月曜日)、21日(月曜日)、24日(木曜日)、28日(月曜日)

時間 9時30分~17時30分 (受付は17時まで)
場所 新居浜市広瀬歴史記念館 展示館 
観覧料 一般:520円/団体(20名以上):420円/小中学生:無料/新居浜市在住の65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名まで 260円

広瀬歴史記念館 台所喫茶店
daidokorokisaten-2016.jpg

日時 11月12日(土曜日)、13日(日曜日) 10時から16時まで(商品がなくなり次第終了)

場所 広瀬歴史記念館 旧広瀬邸

平成28年11月12日(土曜日)、13日(日曜日)は広瀬歴史記念館を無料公開いたします。
無料公開日に併せて旧広瀬邸で「台所喫茶店」を実施します。
「台所喫茶店」では、重要文化財旧広瀬邸でコーヒーなどの軽飲食を提供します(入館は無料ですが、飲食は有料です)。
日本庭園を眺めながらのカフェをお楽しみください。
http://www.city.niihama.lg.jp/soshiki/hirose/kikaku.html
広瀬歴史記念館
〒792-0046 新居浜市上原二丁目10番42号
直通
Tel:0897-40-6333
Fax:0897-40-6334
この記事のURL | お知らせ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「平成28年度 別子銅山産業遺産創造塾講座」レポ
2016/08/15(Mon)
8月6日(土)、新居浜市別子銅山文化遺産課主催の「平成28年度 別子銅山産業遺産創造塾講座」第3回の講座に
えんとつ山倶楽部が講師として、参加しました。
予定では、フィールドワークとして、えんとつ山に登りながら要所要所の説明をし、頂上、えんとつ山公園で
詳細の講座を行う予定で、準備万端していましたが
当日は、開催時刻の直前から雷と激しい雨が・・・・・
ギリギリまで雨がやむのを待っていましたが、やみそうにないので
急遽、別子ハイツでの屋内講座となりました。
予定は変更になりましたが、じっくり普段話せなかったような産業遺産の話や、講座受講生の皆さんとの質疑応答など
濃い内容でしたので、充実したと感じました。

熱心な受講生の前向きな熱意は、将来の新居浜、東予、愛媛を支えてくれるたくましさを感じました。
DSCF4258.jpg
DSCF4257.jpg
DSCF4259.jpg
DSCF4256.jpg
DSCF4260.jpg
この記事のURL | レポート | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伊予銀行 角野支店 でえんとつ山倶楽部活動紹介パネル展
2016/07/07(Thu)
IMG_1587.jpg
IMG_1586.jpg
伊予銀行 角野支店 でえんとつ山倶楽部活動紹介パネル展をしています。
是非、ご覧ください。
この記事のURL | お知らせ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平成28年度 別子銅山産業遺産創造塾講座
2016/06/30(Thu)
新居浜市別子銅山文化遺産課主催の「平成28年度 別子銅山産業遺産創造塾講座」が8月に開催されます。
新居浜市HP
http://www.city.niihama.lg.jp/soshiki/dozan/souzoujyuku.html
えんとつ山倶楽部は、第3回 の8月6日(土)の講座にフィールドワーク講座で講師をします。
次世代を担う若い人たちに郷土のことを学んでもらうお手伝いをさせていただくことを光栄に思います。

これからも、ご支援ご協力よろしくお願いします。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ